>  参列者の方

参列者の方

近親者やご親戚のご不幸は、できるだけ早く駆けつけるのが原則です。友人や知人であれば、故人との交際の程度や都合のつく時間帯によって、通夜と告別式の両方、あるいはいずれかに出席するようにします。

お通夜

最近では、お通夜に参列する方が増えているようです。遅くとも読経の始まる前には到着し受付を済ませます。受付では、まずあいさつ(黙礼で構いません)をし、香典を渡して記帳しましょう。式場に入ったら先客に一礼し、喪主様やご遺族に手短にお悔やみを述べたうえで拝礼します。

葬儀・告別式

会場へは、時間に余裕を持って到着するようにしましょう。式場に着いたら、受付で一礼し、香典を渡して記帳します。着席したら、式の進行は宗教・宗派によって異なるため、司会者や進行係の指示に従ってください。ご自分のお焼香が終了した後も、式途中の中座は控え、門前や道路脇などで待ち、出棺を見送るのがマナーです。

慶事と重なったとき

弔事を優先するのがしきたりとされています。しかし、実際にはお身内の結婚式と会社関係の弔事が重なった場合などは、お葬式の参列を見送っても問題はないでしょう。

ご遺族への言葉がけ

遺族の方々の気持ちを思いやって、できるだけ簡潔にお悔やみの言葉を述べましょう。悲しみを大きくするような言葉がけは控えます。また、病状や臨終の様子を聞くのもタブーです。

覚えておきたい お悔やみの言葉

お知り合い程度の間柄

「この度はご愁傷さまです」

親しい間柄

「この度はご愁傷様です。お辛いでしょうけれど、どうぞご自愛下さって、お疲れの出ませんように…」

とても親しい間柄

「この度はご愁傷様です。お辛いでしょうけれど、お気をしっかりお持ちになってお体を大切になさって下さい。
お役に立てることがありましたら、いつでもなんでもおっしゃってください」

お焼香の仕方

お焼香の回数は宗派によって決まっている場合もありますが、お葬式に関しては宗派を問わず、次の方が控えている場合は1 回にとどめる配慮が必要です。神式の場合は玉串(榊に垂をつけたもの)、キリスト教の場合は花(カーネーションなどの白い花)をご霊前に捧げます。

仏式の場合

  • STEP01

    焼香台の少し手前でご遺族と僧侶に一例する。

  • STEP02

    焼香台の前に進み、祭壇に向かって一礼する。

  • STEP03

    右手(親指、人差し指、中指)で軽く香をつまんで、いったん額の高さまであげてから香炉に静かに落とす。
    (注:浄土真宗の場合は額の高さまで上げずにそのまま落とします)

  • STEP04

    遺影を仰いで合掌し、前向きのまま少し下がり、ご遺族と僧侶に一礼して戻る。

神式の場合

  • STEP01

    玉串は根元のほうを右手で、葉のほうを左手で持つ。

  • STEP02

    玉串を水平に保ちながら、右方向に回す。

  • STEP03

    根元を左手に、葉を右手に持ちかえる。

  • STEP04

    右方向に回し、根元を祭壇に向けて置く。その後、二礼二拍手一礼するが、拍手は忍び手といって音を立てずに手を打つ。

キリスト教式の場合

  • STEP01

    花が右手にくるように受け取る。

  • STEP02

    花を右方向に90度回転させる。

  • STEP03

    花を手前に、茎側を先にしてテーブル(献花台)に捧げ、一礼する。

弔問の服装

お通夜の場合は平服でも構いません。しかし、アクセサリーなどは控えめにします。 また告別式には男性は黒の略礼服を着用しますが、やむを得ない場合は地味な平服なら構いません。会葬者の中で、平服に喪章をつけておられる方を見かけますが、喪章は喪中を表す物で、ご遺族がつけるものです。
女性は黒のワンピースかスーツで、靴、バッグ、ストッキングも黒にします。アクセサリーは一連の真珠やオニキスのネックレスにし、指輪は結婚指輪だけにします。お化粧も身だしなみ程度にします。赤いマニキュアはタブーです。

※お子様の服装については、制服があれば制服を着用します。なければ、白いシャツに黒や紺の地味めなボトムを着用しましょう。靴については黒や紺が好ましいですが、なければスニーカーでも良いと思います。また、赤ちゃんについては、赤い色は避けましょう。


ご香典のマナー

お亡くなりになられた方の霊にお供えするお香の代わりにお金を包むのが香典です。お通夜と告別式の両方に参列する場合は、どちらが正しいというのではなく、最初に弔問した時に差し出すのが一般的です。 ただし、二度にわたって香典を差し出す必要はありません。香典を包む袋の種類や上書きは宗教によって違います。

  • 仏式

    黒色の結び切りの水引がかかった袋に「御香典」四十九日以降なら「御仏前」

  • 神式

    白か双銀の結び切りがかかった袋に「玉串料」「御神前」「御榊料(おさかきりょう)」

  • キリスト教式

    白無地か花が印刷された袋に「御花料」「御ミサ料」など

  • 各派共通

    「御霊前」ならどの宗教でも使えますが、蓮の模様がついた香典袋は仏教以外※には使えませんので注意してください。
    ※仏式でも浄土真宗には使いません。

覚えておきたい 香典の金額

香典を包む金額は、1・3・5 の奇数が良いとされていますが、4と9 を除けば、あまり神経質になる必要はありません。また、不祝儀には新札はいけないとされている地域が大半ですので、新札を使う場合は一度軽く折り目を入れれば問題ありません。

  • 中包みには必ず住所・氏名・金額を書いておく。

  • 上包みの折り返しは上側をかぶせる。

  • 4名以上の連名の場合

    表に「○○有志一同」などと書き、中には中袋とは別に、全員の名前を書いた紙を入れる。

  • ご香典を郵送する場合

    お通夜・告別式とも出席できない時にはご香典を現金書留で郵送します。その際には出席できない理由と、故人様を偲ぶ手紙を添えましょう。

  • ふくさの包み方

    表に「○○有志一同」などと書き、中には中袋とは別に、全員の名前を書いた紙を入れる。

  • ご香典の供え方

    ご香典をご霊前に供えるときは、表書きが自分から読める方向にして供えます。

  • ご香典の供え方

    受付で係りの人に渡す場合には、係りの人が読める方向にして渡します。

弔電のマナー

事情があって葬儀に参列できない場合は、ご遺族にお悔やみの気持ちを込めて、弔電を打ちましょう。お名前にはふりがなをつけるのを忘れずに。
弔電は、局番なしの「115 番」で申し込めます。受付は午前8時から午後10時までですが、緊急を要する時は、フリーダイヤル(0120-000-115)で24時間受け付けてくれます。


供花・供物などに関するマナー

供花などをお供えしたい場合は、式場の飾りつけの都合がありますので、早めにご遺族または担当葬儀社に連絡します。また知り合いのお花屋さんに届けていただく時は、『式場が供花持込可能かどうか、置く場所はあるか』などあらかじめ確認しておく配慮が必要です。ただし、喪家は非常に忙しい状況ですので、喪家に直接相談するのは控えておきましょう。


最低限知っておきたい喪主側のマナー

故人様の遺志を尊重した式を

故人様は主役ですが、何も出来ません。どんな葬儀になるかは、喪主様、ご遺族の気持ち次第です。人生最後の儀式ですから、故人様が望んでいたと思われる、その方らしい葬儀になるよう努めましょう。

喪主と遺族の服装

喪主や遺族は葬儀の主催者であり、迎える側がお客様より格式高い服装をするのがマナーです。喪主様はお通夜の席から失礼のないような格好を心がけましょう。

喪主の心得

弔問にはていねいに応対しますが、挨拶は多くを語らなくても構いません。お辞儀をされたら、誰にでも必ず静かに答礼しましょう。ただし、喪主様が弔問客を出迎えたり見送るのは避けるのがしきたりです。この際は失礼ではありません。

故人様と親しかった方への配慮を

弔問客の方からご遺体との対面を申し出るのは不作法とされています。喪主様の方から「ぜひ、故人の顔を見てやってください」と声をかけましょう。

葬儀の流れを知る

葬儀が初めての方も安心


お急ぎの方

0120450948

玉泉院ではご葬儀についてどんなことでもきちんとお答え致します。

供花サービス

供物として最適なのが生花です。玉泉院ではご予算に応じて各種取り揃えております。

供花サービスはこちら

エンバーミング

玉泉院では高度な技術により、故人を元気な頃のお姿へ近づけ、安らかな表情でのお別れを実現します。

エンバーミングはこちら

事前相談

葬儀に関するさまざまな不安や疑問を解消していただくために、専門スタッフによる事前相談を承っております。

事前相談はこちら

資料請求・お問い合わせ

お電話1本ですぐにお迎えに伺います。
いつでもお気軽にご相談・ご用命ください。

資料請求・お問い合わせはこちら

サンセルモの特徴

  • グループ年間依頼件数
    8000件の実績
  • 多彩なご葬儀プラン
    をご用意