>  葬儀の知識

葬儀の知識

葬儀前

事前に知っておくと、お役に立つこと。

万一の時、最初に連絡するところは
ご自宅でお亡くなりになった場合まずは掛かりつけの医師か救急車に、それから当社に連絡。
ポイントご自宅で療養されている場合、掛かりつけの医師を持っておきましょう!
事故でお亡くなりになった場合すぐに警察へ、それから当社へ連絡してください。
病院でお亡くなりになった場合すぐに当社に連絡してください。
注意サンセルモ玉泉院が寝台車でお迎えにあがります。病院が寝台車を紹介してくれますが、実は葬儀社です。無用なトラブルを避けるためにも、「葬儀社に手配済みです」と、ハッキリお断り下さい。
まず、故人様を安置するところは

お亡くなりになったら、すぐにでもご自宅に連れて帰ってあげたいのがご遺族のお気持ちだと存じます。しかし、最近の住宅事情(マンションなど)では簡単にできないのも現実となっています。ゆっくり検討する時間の余裕があれば良いのですが、病院の場合、夜中であってもすぐにご遺体を移すよう要請されることがあります。もしもの時に、まず安置する場所を事前に考えておくだけでも、かなり気持ちに余裕が生まれます。

葬儀社との打ち合わせ

  • 遺影写真

    なるべく最近写したもので、できるだけ故人様が大きく、はっきりと写っているものをお選び下さい。最近はカラーで、服装はそのまま加工しないで使用する事が多くなってきています。

  • 死亡診断書・認印

    火葬するには、必ず火葬許可書が必要です。病院が発行した死亡診断書または、監察医事務所より交付される検索書を役所へ提出すると火葬許可書が発行されます。手続きは当社が代行しますので、認印をご用意下さい。

  • 式場

    地域の会館・寺院・葬儀社の会館・民間式場または市営の式場・ご自宅など様々な選択肢があります。ご親族や会葬者のことも考えた上で、最適な式場を選ぶことが大切です。

  • ご香典・供花・樒拝受か辞退

    最近では、お返しを考えてご香典だけを辞退される方が増えていますが、供花や樒でも頂いたものにはお返しするのが基本です。このことも含めご判断下さい。

  • 宗旨・宗派・菩提寺

    お家の宗旨・宗派・菩提寺をお調べ下さい。菩提寺(普段からお付き合いされているお寺様)がない場合は、当社がご紹介することも可能です。

  • 家紋

    お家の家紋をお調べ下さい。ふくさ・ご先祖の遺影写真などに使われていることが多いので、探してみましょう。

  • 喪主

    喪主とは、基本的に故人様を供養する人を指します。葬儀の間だけでなく、その後のことも考えて親族間でよく話し合ってお決め下さい。喪主を誰が勤めるのかによって、会葬者の人数も大きく変わってまいります。

葬儀中

ご納棺の際に

  • お着せするもの

    仏式では、当社が白い経帷子などの死装束を用意します。最近では、故人様のお気に入りの洋服などに着せ替える場合も増えています。

  • 数珠(じゅず)

    仏式では、数珠を故人様の手におかけします。お使いになられていたものを最後は、持たせてあげたいものです。

  • 棺の中に入れたいもの

    故人様の愛用品や、故人様への手紙など、火葬することを念頭に、燃えるものを中心に選びましょう。お葬式当日のお別れのときに入れる事も可能です。
    例:故人様へのお手紙・お気に入りの洋服・想い出のお写真・お好きだった食べ物・お遍路などの朱印帳・杖(木製に限ります)タバコ(マッチを忘れずに)など

ご葬儀の際に

その昔、相続の順位を決定づけるほど重要なものでしたが、現在では、あまりこだわる方も少なくなってきたように思います。しかし、この順位を問題にされる方もいらっしゃることを心得ておくべきことだと思います。一般には喪主様、ご遺族のうち故人様と血縁の濃い順、ついで世話役や知人など関係の深い順に行います。場合も増えています。

服装
喪主様のスタイルとして、男性は羽織・モーニング、女性は着物が正礼装とされてはいますが、現在は洋装が一般的となっています。黒スーツは、ダブル・シングルどちらでも構いません。化粧は控えめに、髪もできるだけシンプルにまとめて、アクセサリー類は、結婚指輪以外は基本的にはつけない方がよいとされています。パールのネックレスかイヤリングのどちらか片方はつけてよいとされています。
立礼・座礼
喪主様のスタイルとして、男性は羽織・モーニング、女性は着物が正礼装とされてはいますが、現在は洋装が一般的となっています。黒スーツは、ダブル・シングルどちらでも構いません。化粧は控えめに、髪もできるだけシンプルにまとめて、アクセサリー類は、結婚指輪以外は基本的にはつけない方がよいとされています。パールのネックレスかイヤリングのどちらか片方はつけてよいとされています。
お骨上げ
ご遺族数名が行われる場合とご遺族全員で行かれる場合があるようです。関西ではのど仏と代表的なお骨を収める本骨箱と5寸程度の胴骨箱で収骨することが多いようです。最近は本骨箱だけを希望する方も多くなってきました。
初七日法要
お骨上げの後の還骨法要に合わせて、初七日法要をご葬儀当日に合わせてされる方が多くなってきました。式場利用時間に制限があるところもありますので確認が必要です。

葬儀後

お葬式後のスケジュール

あいさつ回り(式後できるだけ早く)
ご近所の方や、お寺様、お世話になった方たちには、なるべく早く挨拶に行きます。また、弔電・供花・供物をいただいた方にも同じです。しかし、数が多いなどで直接会ってあいさつに行けない場合は、お電話やお手紙でお礼をした方が丁寧でしょう。
故人様の諸整理
遺品の整理の他にも、役所等での手続きがあります。もっとも急ぐ手続きが年金です。もし、この届出が遅れますと、年金を貰いすぎたことになり後日返却することになりますので注意が必要です。年金のことに関しては、年金番号を調べてから「ねんきんダイヤル0570-05-1165」へ連絡することが先決です。つながらない場合は、管轄の社会保険事務所へ。
葬祭費・埋葬費等の請求
亡くなられた方が、国民健康保険、社会保険(健康保険)の加入者及び扶養家族ならば、費用の補助として葬祭費(埋葬費)が支給されます。どちらも、申告制となっています。2年以内に申請しなければ、権利がなくなりますので、ご注意下さい。
香典返し
満中陰後2、3日以内に届くように、はやめに準備します。まず、香典帳の整理をしますが、最近では香典返し専門の業者が整理の代行サービスをしていたりと便利になりました。お返しの品物は香典の1/2~1/3が一般的です。

お葬式後の手続き

満中陰法要
日時・場所やお寺様やご親族と相談します。(命日より後には行いません)日時が決定したら出席者に案内します。料理・引き出物の手配をしなければいけませんので、なるべく早く決めておくと慌てないですみます。
相続の協議内容
遺言の有無を確認します。相続税と申告と納付を10ヶ月以内に行います。故人様の確定申告は相続から4ヶ月以内に行います。
遺産整理と形見分け
仕事関係の書類は5年間の保管が必要です。原則として親族で分け、目上の人に分けることは失礼とされています。帯・着物・背広などは仕立てなおして使うことが可能です。
さまざまな諸手続き
国民健康保険に加入されている方は、保険課に葬祭費を申請してください。社会保険・労災保険に加入されている方は、埋葬料を勤務先にお願いします。国民年金の手続きにより、遺族基礎年金・寡婦年金・死亡一時金のいずれかが支給されますので葬儀社の領収書は保管しておきましょう。

葬儀の流れを知る

葬儀が初めての方も安心


お急ぎの方

0120450948

玉泉院ではご葬儀についてどんなことでもきちんとお答え致します。

供花サービス

供物として最適なのが生花です。玉泉院ではご予算に応じて各種取り揃えております。

供花サービスはこちら

エンバーミング

玉泉院では高度な技術により、故人を元気な頃のお姿へ近づけ、安らかな表情でのお別れを実現します。

エンバーミングはこちら

事前相談

葬儀に関するさまざまな不安や疑問を解消していただくために、専門スタッフによる事前相談を承っております。

事前相談はこちら

資料請求・お問い合わせ

お電話1本ですぐにお迎えに伺います。
いつでもお気軽にご相談・ご用命ください。

資料請求・お問い合わせはこちら

サンセルモの特徴

  • グループ年間依頼件数
    8000件の実績
  • 多彩なご葬儀プラン
    をご用意